ヴェトナム、モンゴルの青年たちにコミュニケーション講座




【伝え方の学校校長のウランです】
大丈夫、すべてうまくいく!
日本での技能実習のため、ヴェトナム、モンゴルからやってきた
青年たちにコミュニケーション講座を。

みらい 協同組合さんの日本語教育の一環で。
片庭 慶子 (Keiko Kataniwa)さんの学校へ。
ことばを使って気持ちを伝える~2時間を。


日本語教育を受けてはいるものの、まだまだ片言。
食い入るような目、必死に聞こうとする耳、
そして、前のめりに向かってくる体。


伝えたいことを、
十分に届かないもどかしさを抱えながら、
国の家族を思いつつ日本で技能を身につける。


暖かな日本の友人たちに巡り会え、
どうぞ、キラキラの日々がきますように。
「日本に来てハッピー」と心からつぶやける日がきますように。

▼短気でせっかち、いつもイライラしていて怒りっぽい、
人のことがまどろっこしく思えたりする人は、
バッチ博士のフラワーエッセンス、インパチェンスを!